愛染健十ソロ曲 感想

『LOVE IN SECRET × SEXY NIGHT』 愛染健十

※残業続きで精神がわりと死んでたときの文章です※

 

第一印象:歌詞薄っぺら!!!

 曲調はそれなりに好み。軽い感じはするけどライトなお洒落感があってさっくり聴ける。そして歌もすごくいい。上手いし、聴き心地もいい。
 ……だけどどうして歌詞がこんなに薄っぺらいのでしょうか??

 わたしは愛染が好き(※好きではない)なので、ついつい冷めた目で見てしまいがちなんですが、それにしても歌詞が薄っぺらい。溢れ出る軽薄さが止まらない。

 「Shall we make love?」 はぁ??

 「Come on baby?」 はぁ???

 と、いちいち冷たい視線を向けたくなります。なーーにが「Shall we make love?」 だ。あとやたらと英語を混ぜてるのもルー大柴かよという。(皆さんルー大柴を覚えているでしょうか?ここ数年全然TVで見ないですね……)2番の「Thrillな愛」のthrillのthをしっかり発音してくるのが最高です!

 やたらと英語を使うのはまあ良いとして、メイクラブしましょうから始まって、挙句の果てには「cute voice聞かせて」。愛染氏の頭は大丈夫ですか??? cute voiceの歌い方がかなりツボです。大好き。まあとにかく終始それの話なわけです。わたしは禁欲的な雰囲気が大好きなので、こういう露骨な歌詞は好きではありません。健十のキャラを考えれば納得いくけどそれにしても軽薄。1フレーズごとに「はぁ?」とつっこみたくなります。ぶっちゃけそれが愛染への愛情表現でもありますが。

 でも何回か聴いているうちに、1周まわって、これわざと薄っぺらにしているのでは?と思えてきました。だってこれほどまでにメイクラブ1色の歌なのに、精神的なつながりがまっっったく感じられないんです。それが逆にものすごく愛染っぽい。薄っぺらさこそが愛染のアイデンティティーですし。自分が薄っぺらさで何もないのを自分自身が1番わかっている、それが愛染ですよね。そういうところが本当に好きです。そう考えるとこの曲も何だか切ないなぁと。まあ歌詞作った人がどこまで考えて作ったのかはわからないのであくまで妄想なんですけどね。この歌詞格好いいだろ!?と思って作ったなら本気で頭を疑った方がいい気が。

  ここまでで散々言ってきましたが、仕事で心底疲れたときに頭で流れたのがこの曲でしたし、何だかんだ言って気に入ってはいます。薄っぺらなおかげで、疲れていて頭がまわらなくても心にすーーっと染み渡ってくるんですよね…… 思考放棄できる良曲です。頭を使わないって素晴らしい!!!ありがとう愛染健十。帰りはずっとBGMにして帰ります。

  

《余談》

 誰かわかる人がいるといいのですが、サビの曲調が部分的にKAT-TUNの「Love yourself~君が嫌いな君が好き~」に似ている気がします。別にパクリだと言いたいわけではなく、誰かに「あ~!」って共感してほしい。わかる人いないでしょうか?ここのフレーズ聴く度に頭の中でLove yourselfの次のフレーズが流れて「あれっ?」ってなるんです。誰かわかって。